東海大甲府がセンバツ当確まであと1勝 関東大会1回戦で細田学園下す

[ 2020年10月25日 12:09 ]

秋季高校野球関東大会 1回戦   東海大甲府8―1細田学園 ( 2020年10月25日    柏の葉 )

<秋季関東大会1回戦 東海大甲府・細田学園> スライダーが光った東海大甲府の若山(撮影・柳内遼平)
Photo By スポニチ

 第73回秋季高校野球関東大会は25日、1回戦が柏の葉などで4試合が行われる。東海大甲府(山梨1位)は初出場の細田学園(埼玉2位)を8―1で下し、16年以来5年ぶりのセンバツ出場当確へ、あと1勝とした。

 初回に3番・猪ノ口の適時三塁打で1点を先制すると、3回に2点の追加点を奪い、リードを広げた。エース左腕の若山は9回1失点の好投でチームを勝利に導いた。

 創部7年目の細田学園は初の甲子園出場を目指したが、若山が投じる落差の大きいスライダーを最後まで捉えることができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース