マジック「3」のソフトバンクが2点先制 周東快足&柳田の中前打を西武・金子が後逸

[ 2020年10月25日 13:37 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―西武 ( 2020年10月25日    ペイペイD )

ソフトバンクの柳田
Photo By スポニチ

 リーグ優勝へのマジックを「3」としている首位のソフトバンクは初回に2点を先制した。

 まずは、先頭の1番・周東が中前打で出塁すると、続く2番・中村の場面で、すかさず快足を飛ばして二塁への盗塁に成功。1死二塁となってから3番・柳田の中前適時打を中堅手の金子が後逸し、二走の周東だけでなく、柳田も一気にホームを踏んだ。

 投げては先発の大竹が2回に1点を失ったが、粘りの投球でリードを守っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース