DeNA・佐野に再びアクシデント ヘッドスライディングで左肩負傷

[ 2020年10月25日 17:11 ]

セ・リーグ   DeNA3―0広島 ( 2020年10月25日    横浜 )

<D・広>8回2死一、二塁、大和の適時打で本塁を狙うも三本間に挟まれた佐野は曽根にタッチされアウトとなりその場で動けず(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・佐野恵太内野手をアクシデントが襲った。

 背中の違和感から5試合ぶりに「4番・左翼」で先発復帰。初回に中前打を放った。第2打席は見逃し三振も、3打席目は四球を選んだ。

 そして8回2死一塁で迎えた第4打席。四球を選んで出塁。大和の右翼フェンス直撃の適時打で、二塁走者のオースティンが生還。一塁走者だった佐野は三塁を大きく回ったところで引き返したが三塁タッチアウトとなった。この際にヘッドスライディングを試みて左肩を痛め、立ち上がってからも顔をゆがめてベンチに戻った。9回の守備から退いた。

 初のタイトル獲得を目指して打率トップを走る佐野が、またしてもアクシデントに見舞われた。ラミレス監督は「今トレーナーがチェックをしている。何事もなければいいと祈っている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース