関西学院 藪恵壹氏の次男・雅博 4回戦敗退で野球にひと区切り

[ 2020年8月6日 05:30 ]

兵庫大会4回戦   関西学院6-11市尼崎 ( 2020年8月5日    伊丹スポーツセンター野球場 )

<市尼崎・関西学院>初回1死、敵失の間に先制点のホームを踏み、笑顔を見せる関西学院・藪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神などで活躍した藪恵壹氏の次男・雅博を擁する関西学院の夏が終わった。

 4回戦の市尼崎戦に「2番・左翼」で先発。2安打をマークしたが、6―11で敗れた。「負けてしまったので完全燃焼とはいきませんが、白熱したいい試合でした。父から見たらダメだろうけど、諦めない姿勢は示せたかなと思います」。

 大学進学予定だが、野球にはひと区切りつけるという。「環境や新しいエネルギーについての勉強がしたい」と次の夢を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース