西武・平良“数センチの工夫”プレート板踏む位置変え危機脱出

[ 2020年8月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―2日本ハム ( 2020年8月5日    札幌D )

<日・西>6回1死満塁、打者・西川の時に登板した平良(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 約60センチのプレート板の踏む位置を変え、西武・平良が危機を脱出した。

 3点差に迫られた6回、なお1死満塁の場面で登板。西川にいきなり3ボールとなった。「焦ったけど、立つ位置を工夫して何とかしのげた」。最初はプレート板の真ん中を踏んでいたが、ボールが左打者の外角に抜けていた。そこで一塁側に足の位置を移すと西川、代打・松本を150キロ超の直球で連続三振。7回も今季初の「回またぎ」でマウンドに上がり、無死一塁から3者連続三振だ。「回またぎは不安だったけど、落ち着いて投げられた」。数センチの工夫が平良を救った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース