現役ドラフト 導入は来季以降に NPB・選手会事務折衝

[ 2020年8月6日 05:30 ]

 日本野球機構と日本プロ野球選手会の事務折衝が行われ、ブレークスルードラフト(現役ドラフト)導入は来季以降となることが確実となった。

 選手会は今オフ実施の可否を確認したが「今年のオフや来年の夏は無理と考えている。継続的に協議させてくださいと」と選手関係委員会の谷本修委員長。選手会からは2度に分けていた戦力外通告を、11月中に一本化するよう要望が出た。またシーズンが打ち切りの際は、その時点での順位、成績を公式戦として扱うことも確認された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース