レッズ秋山、二塁打で先制機演出も 零敗に指揮官「フラストレーションたまる」

[ 2020年8月6日 14:38 ]

インターリーグ   レッズ0-2インディアンス ( 2020年8月5日    クリーブランド )

インディアンス戦の5回、ヘルナンデスの左前打を本塁へ返球するレッズ・秋山
Photo By 共同

 レッズの秋山翔吾外野手(32)は5日(日本時間6日)、インディアンス戦に「1番左翼」で出場。3年連続2桁勝利の相手先発・クレビンジャーの直球を初球から果敢に狙った。3回に95マイル(約153キロ)直球を芯で捉えると、打球は左翼手の頭上を越える二塁打となった。1死二、三塁の先制機を作ったが得点にはつながらなかった。

 この日は3打数1安打。8回に左腕相手に代打を送られた。チームはイ軍5投手にわずか3安打無得点。デービッド・ベル監督は「良い投手相手だがフラストレーションがたまる」と渋い表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース