ヤクルト・ドラ4大西 痛恨の一球で初黒星…「長野さんに投げた一球に悔いが残ります」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―4広島 ( 2020年8月5日    神宮 )

<ヤ・広>5回1死二塁、鈴木誠に四球を与え、汗をぬぐう大西(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プロ初先発のヤクルト・ドラフト4位大西が痛恨の一球で初黒星となった。

 1―1の5回1死二塁からベテラン・長野への初球、内角直球を左中間二塁打された。「立ち上がり制球に苦しみましたが、少しずつ修正できた。長野さんに投げた一球に悔いが残ります」。強気に攻める投球スタイルを貫いた5回2失点。チームは1分けを挟んで4連敗も高津監督は「走者を出しながらよく粘った」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース