ソフトB 涌井にお手上げ…代打・川島のノーノー阻止打だけ 工藤監督「次は、やり返す」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―6楽天 ( 2020年8月5日    楽天生命 )

<楽・ソ>9回1死、中前打を放つソフトバンク・川島(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 お手上げだ。零封負けは今季2度目。ソフトバンク28人目の打者、9回1死での代打・川島が、バットを折りながら中前打を放つまで沈黙した。涌井の前にノーヒットノーランまであと2死だった。

 「前回は比較的、変化球が多かったが直球をうまく使われ、うまく攻められた。あの状態の投手は(点は)取れないし打てないが、川島くんが意地の1本。チームに与える影響がある。良く打った」

 工藤監督は目を見開き、何度もうなずいた。5回まで3者凡退、0行進が続き、6回の攻撃前に、ベンチ前で円陣を組んで気合を入れた。ただ、簡単には打てない。試合開始から2時間経過の午後8時の6回1死で、ようやく8番・高谷が四球で初めて出塁した。

 前回の涌井との対戦は本拠での7月8日。試合には8―12で敗れたが、5回を投げた相手から10安打6得点を奪っていただけに、指揮官は「次は、やり返す。勝負の世界。勝たんと、いかん。何とか負けた分を、取り返す」と、じわじわと湧き上がる悔しさを言葉ににじませた。

 敵地での首位攻防戦。初戦は、逆転負け、この日は今季ワーストの1安打で、零敗。そして、相手に同率首位で並ばれた。この悔しさを何倍にしてでも返し、首位は守る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース