横浜・度会ジュニア 2安打 プロ注目の打撃センス発揮

[ 2020年8月6日 05:30 ]

神奈川大会2回戦   横浜10―0戸塚 ( 2020年8月5日 )

<戸塚・横浜>初回1死一塁、中前打を放つ横浜・度会(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補で元ヤクルトの博文氏(現球団広報)を父に持つ横浜の度会隆輝(3年)が戸塚との初戦に臨み、2安打2四球で10―0の6回コールド勝ちに貢献した。「3番・二塁」で出場し、4打席全てで出塁。「状態はとても良かった」と振り返った。

 最後の夏に向けて父から送られた「おまえらしく元気に頑張れ」というエールに応えた。初回にチーム初安打となる中前打で勢いづけると、3回は一塁内野安打で4、5回はともに四球。持ち前の打撃センスと選球眼を発揮した。今年4月に就任したばかりの村田浩明監督とは「(エース左腕の)松本(隆之介=3年)と監督を誘って一緒に寮のお風呂に入った」と絆を深めた。公式戦初陣を飾った新指揮官は「うれしい。3年生が助けてくれた」と感謝した。 (松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース