阪神・高橋 3回までパーフェクト 圧巻の7奪三振

[ 2020年8月6日 18:39 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年8月6日    甲子園 )

<神・巨>3回、野手に声をかける高橋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 今季初先発の阪神・高橋が3回まで圧巻の投球を披露した。

 初回先頭。亜大の同学年である北村を内角に沈むボールで空振り三振に仕留めると、坂本は遊ゴロ、丸にはフルカウントから高めスライダーを振らせた。

 2回は4番・岡本をワンバウンドの変化球で空振り三振、ウィーラーを投ゴロ、最後は大城をこれまたワンバウンドの変化球で空振り三振に仕留めた。

 3回も勢いは変わらない。中島を外角ストレートで見逃し三振に封じると、若林は変化球で空振り三振。最後はメルセデスをスライダーで空振り三振に仕留め、3回ではやくも7奪三振。1人の走者も許さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース