野手登板、メジャーでは急増受け規制 過去にイチロー、青木も

[ 2020年8月6日 22:28 ]

セ・リーグ   巨人0―11阪神 ( 2020年8月6日    甲子園 )

<神・巨>8回1死、近本を二ゴロに打ち取って手を叩く増田大(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人の増田大輝内野手が6日、阪神7回戦(甲子園)で0―11の7回1死からプロ初登板し、打者3人に1四球を与えただけで無失点に抑えた。

 メジャーでは、大量リードされた試合で救援投手を温存するために野手が登板するケースはよく見られる。日本選手では、イチロー(マーリンズ)が15年10月4日のフィリーズ戦で1回2安打1失点、青木(アストロズ)が17年6月30日のヤンキース戦で1回1安打3失点と、過去2人が登板。チームのために貢献したとして、野手からはリスペクトされる。

 しかし、近年は野手の登板が急増し、16年は26試合だったが、昨年は90試合。戦略の一つという見方がある一方で、「試合を捨てた」「観客に失礼」との論調もある。このためMLBは昨年11月に新ルールを決定し、「二刀流」登録の新設とともに、「野手登板は延長戦と6点差以上の試合のみ」と規制した。ただ、今季はコロナ対策として見送られ、来季からの導入となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース