巨人・小林 乗用車を運転中、自転車と衝突事故

[ 2020年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―1阪神 ( 2020年8月5日    甲子園 )

巨人の小林
Photo By スポニチ

 巨人・小林誠司捕手(31)が東京都世田谷区で乗用車を運転中に自転車と衝突し、30代男性にケガを負わせる事故を起こしていたことが、警視庁世田谷署への取材で分かった。男性は右足打撲の軽傷とみられる。

 同署によると、1日午後4時半ごろ、小林は路地から都道に出るため車を左折させ、都道を直進してきた自転車とぶつかったという。小林が自ら110番した。現場は信号機のない、見通しの悪い交差点だった。巨人広報部は「事故後、本人は車の運転を取りやめており、今後について本人と話し合って事故防止に努めます」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース