DeNA中井「感触は良かった」先発起用応える129メートル先制弾

[ 2020年8月6日 18:56 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2020年8月6日    横浜 )

<D・中>2回無死、左越えソロを放った中井はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの中井大介内野手が先制ソロを放った。

 2回無死。松葉の140キロを強振すると、打球はぐんぐん伸びて左中間席に突き刺さった。トラックマンでは推定飛距離129メートルを計測した特大弾。昨年8月3日巨人戦以来、約1年ぶりの今季1号に「感触は良かったです。甘いボールをしっかり捉えることができました。イニングの先頭だったので、出塁することを考え打席に入りました」と笑みをこぼした。

 代打でここまで打率・556と無類の勝負強さを発揮する背番号0が、今季4度目のスタメン抜てきに応え、期待通りに左腕を打った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース