関東第一が大森学園下し決勝進出 8日決勝は帝京―関東第一

[ 2020年8月6日 17:59 ]

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京準決勝   関東第一7―1大森学園 ( 2020年8月6日    大田 )

<関東第一・大森学園>2安打2打点と活躍した関東第一の町田
Photo By スポニチ

 関東第一が大森学園を下し、決勝に進出した。

 準々決勝でスタメンを外れた町田雄大内野手(3年)が4番に復帰し、2安打2打点と活躍した。「消極的な打撃をしていて調子が悪かったので、きょうはファーストストライクからしっかり振っていこうと思った。入学してからの目標は決勝進出だったのでうれしい」。

 決勝は帝京との対決となった。昨秋都大会3回戦で敗れている相手だけに「ライバル心はすごくあるし、本当に悔しかったので絶対に負けたくない。強打のチームだと思うので打ち勝ちたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース