ソフトB デスパイネ&グラシアルが合流!さっそく柵越えも

[ 2020年8月6日 05:30 ]

<楽・ソ>1軍に合流したグラシアル(左端)とデスパイネ(右端)(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)が5日、チームに合流した。この日午前に仙台入り。打撃練習では両者ともに、ファーストスイングで柵越えを披露した。

 工藤監督は「元気な姿を見たかったし、動きや、状態を確認したかった」と再会を喜んだ。今後も1軍に同行し調整する。デスパイネは「世界的に難しい状況であるが合流できて良かった。体を慣らすことから始める」。グラシアルは「できる範囲で準備していました。できることを毎日やるだけ」と話した。

 2人はキューバ代表での東京五輪米大陸予選出場のため3月上旬に離日。負傷で現地調整していた。検査治療のためキューバに一時帰国。PCR検査の陰性判定後、7月19日に来日し、NPBガイドラインに沿って2週間の隔離措置が終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース