阪神 水曜日は0勝5敗1分 矢野監督「還すところの打順の差が出た」 巨人と再び今季最大7差

[ 2020年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-4巨人 ( 2020年8月5日    甲子園 )

<神・巨(6)> 敗戦に肩を落とす矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 勝敗を分けたのはポイントゲッターの差だった。巨人は1―0の6回に岡本、大城の連続適時打で3得点を挙げ、敵の4、5番にとっては唯一の好機で働いた。対照的に猛虎は中軸3人が最後まで沈黙した。

 「手も足も出ないっていう状態じゃない。(走者を)還すところの打順の差が出たかな。向こうは還すところで中心打者が還して、こっちは中心で還せなかった」

 矢野監督も逸機を悔やんだ。両軍とも試合を通じて得点圏まで走者を進めたのは同じ2回ずつだった。1点を追う4回無死一、二塁では大山はフルカウントから高めのスライダーを打ち損じて中飛。ボーアが速球をはじき返した一打はシフトにはまり、二塁ベース左に守っていた坂本の正面を突いて併殺打になった。

 「めちゃくちゃ難しいボールには見えないけど。打者は意気込んで、打ってやりたいとか、還すぞとなるんだけど、そこで還せなかったというところ」

 打者心理が分かるだけにもどかしい。7回は大山、ボーア、梅野が3者連続三振。昨秋クライマックス・シリーズでは戸郷に対して3回3安打1得点が残り、梅野が先制ソロを放つなど苦手意識はなかった。レギュラーシーズンでは今回が初対戦。10三振を奪われ、7回まで零封された。

 戸郷を降板させた8回も糸井の併殺崩れで1点を返すのが精いっぱい。後続の2死満塁では大山が大竹の前に遊ゴロ。藤浪を三たび援護できず、水曜日は開幕から未勝利だ。

 矢野監督は「(対戦が少ないのは)言い訳にならない」と厳しさをのぞかせ、「何とかしていきたい」と前を向いた。きょう6日は前回7月9日に初めて黒星を付けたメルセデスとの再戦。一度は3・5差まで近づいた巨人の背中が約1カ月前と同じ最大7差まで遠のいた。独走阻止へ、正念場だ。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース