広島 0―5からついに同点! 松山ソロ、菊池涼2ラン、長野ソロ…誠也タイムリーで追いつく

[ 2020年8月6日 21:00 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2020年8月6日    神宮 )

<ヤ・広>7回2死二塁、鈴木が同点左前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今季初の4連勝を狙う5位・広島が5点ビハインドを7回に追いついた。

 今季未勝利で、6度目の先発マウンドに上がったK・ジョンソンが3回5失点(自責4)KOされる苦しいスタート。だが、0―5で迎えた4回に松山の2号ソロと菊池涼の4号2ランで一挙に3点を返すと、5回には長野がこの3連戦2発目となる2号ソロを放って1点差に迫った。

 そして4―5で迎えた7回。先頭・ピレラが右前打で出塁すると、2死二塁から主砲・鈴木誠が左前へタイムリー。序盤の3回までで5点を追う展開となったが、ついに追いつき、K・ジョンソンの黒星を消すとともに5回4失点で降板したヤクルト・高橋の今季2勝目も消し去った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース