DeNA大貫7回無失点で自身4連勝 「豆苗」あだ名に「凄くうれしい」

[ 2020年8月6日 21:41 ]

セ・リーグ   DeNA3―0中日 ( 2020年8月6日    横浜 )

<D・中>お立ち台でタオルを掲げる(左から)大貫、中井、神里(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の大貫晋一投手が7回4安打無失点と好投した。

 この日も抜群の安定感だった。5回2死から京田に左翼フェンス直撃の二塁打を許したが、続く根尾を一ゴロ。6回には先頭の阿部に中越え二塁打されたが、最後はA・マルティネスから空振り三振を奪ってグラブを叩いた。「ピンチの場面だったので三振を狙いにいって、結果三振が取れたので良かった。ガッツポーズ?あまり出ないんですけど、凄く気分が高揚して出ました」と白い歯を見せた。

 ヒーローインタビューでは最近のあだ名である「豆苗」が紹介され「呼んでくれて凄く、僕はうれしいです」と照れ笑い。前夜も自らつくった豆苗とムール貝のパスタを「勝負メシ」に選び、見事に4勝目をつかみ取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース