広島・塹江 無死一、二塁から好救援 連日の奮闘「自分をコントロールできた」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-1ヤクルト ( 2020年8月5日    神宮 )

<ヤ・広7>8回、力投する塹江(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 広島・塹江が連日の好救援でチームを救った。

 2点リードの8回、一岡が連打で無死一、二塁の危機を背負うと3番手でマウンドに上がり、まずは青木を三邪飛。村上には四球を与えて満塁としたが、山崎、西浦を連続三振にしとめ、「昨日を踏まえて、技術的にも反省をいかしながら、自分をコントロールできたと思います。一球一球、丁寧に投げられたことがよかった」と汗をぬぐった。

 「青木には塹江と思っていた」と継投がハマったいう佐々岡監督も、今季7ホールド目に目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース