ブルージェイズ・山口 登板3戦目で初の無失点

[ 2020年8月6日 02:30 ]

インターリーグ   ブルージェイズ1―10ブレーブス ( 2020年8月4日    アトランタ )

ブレーブス戦の8回途中から登板したブルージェイズ・山口(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 ブルージェイズの山口が登板3試合目で初めて無失点に切り抜けた。

 大量リードされた8回1死二塁で救援し、暴投と四球で一、三塁とされたが、後続を二飛、左飛に抑えた。

 タイブレークの延長戦での登板だった過去2試合は2戦2敗。他球団で新型コロナウイルスの感染者が出た影響で、4日間の休養日を挟み、その間に対戦形式の練習などで課題の修正に着手した。

 チャーリー・モントーヨ監督は大敗に「得点圏で一本が出なかった」と嘆いたが、山口の好投は収穫だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース