西武・メヒア 今季初安打がうれしい1号「自分の仕事ができてうれしい」

[ 2020年8月6日 19:40 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2020年8月6日    札幌D )

<日・西>4回1死、本塁打を放ったメヒア(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武・メヒアがうれしい今季1号アーチを放った。

 休養のためにスタメンを外れた中村に代わって「7番・DH」で今季3度目の先発出場。2点を追う4回1死の場面で、カウント3ボールからの河野の142キロの直球を狙い打ち。打球は右翼スタンド最前列に飛び込んだ。

 12打席目での今季初安打が追撃の一発となり「1本目のヒットがホームランになった。自分の仕事ができてうれしい」

 しかし2点を追う8回2死満塁では空振り三振。逆転の場面での無念の凡退に「すごく残念だ。チームの勝利に貢献できず、自分自身に失望している」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月6日のニュース