ロッテ・安田 地元大阪で4戦ぶり打点「まず先制することができてて良かった」

[ 2020年8月4日 18:51 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2020年8月4日    京セラD )

1回2死三塁、安田は右前適時打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・安田が故郷・大阪で先制適時打をマークした。初回2死三塁から山本の変化球をコンパクトに捉えた。

 「打ったのはフォークボールです。まず先制することができてて良かったです。次の打席も頑張ります」

 大阪出身で、履正社時代には甲子園にも出場した。少年時代からプロ野球を観戦するために足を運んだという敵地で、4試合ぶりの打点をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース