早実・清宮 2年生の夏終わる 和泉監督「遊ばれてしまった」

[ 2020年8月4日 05:30 ]

西東京大会準々決勝   早稲田実1―4国士舘 ( 2020年8月3日    ダイワ八王子 )

<西東京 早実・国士舘>国士舘に敗れた清宮(左から4人目)ら早実ナインはしさつに整列する(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 早実の2年生4番・清宮の夏が終わった。

 シニアの先輩・中西の前に空振り三振、右飛、三塁内野安打、遊ゴロと1安打に抑えられた。試合後の取材対応はなかったが、和泉実監督は「遊ばれてしまった」と脱帽。それでも、今大会はベストメンバーで臨むと3年生が決めたことで、清宮ら下級生も公式戦を体験できた。

 指揮官は「清宮もまだまだ。3年の思いを受け止めて来年頑張ってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース