DeNA 変幻2番起用で打線の活発化図る ラミレス監督「条件を考えて柔軟に」

[ 2020年8月4日 05:30 ]

DeNA・ラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAが変幻2番起用で打線の活発化を図る。

 今季ここまで2番打者はソトの21試合が最多で、オースティンや乙坂、柴田ら8人が担い、2日阪神戦では今季初めて宮崎を起用した。

 ラミレス監督は「小技で手堅く行くより攻撃的にしたかった」と宮崎の起用理由を説明し、今後の2番打者について「相手や球場など、いろいろな条件を考えて柔軟に使っていく」。攻撃型と小技型を使い分け、超強力打線を機能させていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース