阪神・ボーアに心強い“味方”決めポーズ「ファイアボール」デザインのタオル発売

[ 2020年8月4日 05:30 ]

「ファイアボール」フェイスタオルを手にするボーア
Photo By スポニチ

 来日後はじめての大型連戦にのぞむ阪神のボーアに心強い“味方”が誕生した。きょう4日から、本塁打を放った際の決めポーズ「ファイアボール」がデザインされたフェイスタオルの発売が決定。高ぶる気持ちを、球団を通じて発信した。

 「魅力的なグッズのラインアップにファイアボールが加わると思うと本当にうれしいね。このタオルを持って応援していただけるファンが増えれば、もっとうれしいよ」

 イメージを忠実に再現するため自身もデザインを監修した。本タオルの発売が決まる前からチームグッズおよそ20万円分を自費で購入。米国の家族や親族にプレゼントしていたという。「全員がタイガースファンになってくれたよ」。早くも熱烈な猛虎愛を示すB砲にとって『ファイアボールフェイスタオル』は何よりの活力だ。

 「これまで以上にファイアボールができるよう頑張っていこうというモチベーションになる。ベストを尽くしてプレーするので、これからも熱い応援をお願いします!」

 “量産宣言”を実現するにはこれ以上ない宿敵と相まみえる。きょう4日からは首位・巨人と3連戦。開幕カードで『12タコ』の屈辱を味わわされた相手だけに、ファイアボールをブチかましたい。

 初戦の菅野は開幕戦で3打数無安打、2戦目予定の戸郷とは未対戦。3戦目予定のメルセデスには、7月9日に甲子園の右中間席中段まで運ぶ特大アーチを浴びせている。9連戦の最初のカード。その打棒でチームに勢いをもたらしたい。

 ここ2試合は無安打で打率・248と右肩下がりでも、開幕直後のように深刻ではないことは、凡打の内容を見れば明らかだ。誰よりも豪快な一撃で巨人を沈め、聖地を『ファイアボール』で埋め尽くす。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース