国士舘・中西 早実戦1点失点で完投勝利 「意識していた」後輩の清宮を抑える

[ 2020年8月4日 05:30 ]

西東京大会準々決勝   国士舘4―1早稲田実 ( 2020年8月3日    ダイワ八王子 )

<西東京 早実・国士舘>1失点完投勝利の国士舘・中西(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 国士舘のエース右腕の中西健登(3年)が完封から中1日で、早実を6安打8奪三振、1失点に抑えて完投。2年生4番・清宮について「でかくて威圧感があった。甘く入ったらいかれると思うと怖かった」と話しながらも4打席で内野安打1本に抑えた。

 中西にとって、清宮は調布シニア時代の1年後輩。「中2春まで一塁だったが福太郎に取られた。対戦が決まった時から意識していた」という。「内角には強そうだったので僕の得意な外角で攻めた」と全13球中10球が外角だった。15日の甲子園交流試合、磐城(福島)戦を前に東京制覇を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース