相模原 コールドで進学校対決制す 温品 4安打3打点

[ 2020年8月4日 05:30 ]

神奈川大会2回戦   相模原19―5希望ヶ丘 ( 2020年8月3日 )

 相模原は8回コールドで進学校対決を制した。

 偏差値67の希望ケ丘に先制を許したが、偏差値68の相模原が終盤に得点を重ねた。温品(ぬくしな)直翔(3年)が1点ビハインドの3回2死二塁で右翼線へ三塁打。敵失も重なり、逆転のホームを踏んだ。

 4安打3打点の活躍に「最近調子を落としていたので、ヒットが出て安心した」と笑顔を見せ「優勝を狙って一試合一試合戦っていきたい」と意気込んだ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース