敦賀気比 3年連続で夏制す ドラフト候補右腕が投打で活躍

[ 2020年8月4日 05:30 ]

福井大会決勝   敦賀気比8―1福井工大福井 ( 2020年8月3日 )

 敦賀気比がドラフト候補右腕の活躍で3年連続で夏を制した。

 エース右腕の笠島尚樹(3年)は8回96球を投げ4安打無失点と貫禄の投球。打っても2回1死満塁で右越えへ先制の2点適時二塁打を放つなど、4打数3安打5打点と投打でけん引した。最終回は同じくドラフト候補右腕の松村力(3年)が1点を失ったが試合を締めた。

 東哲平監督は「3年生を中心にしっかり集中し、最後までよく頑張ってくれた。甲子園には行かせてあげられないので複雑な心境だが、コロナ禍で先が見えない中、よくついてきてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース