楽天逆転勝利!8回浅村の14号2ランで試合をひっくり返す 津留崎はプロ初勝利

[ 2020年8月4日 22:11 ]

パ・リーグ   楽天7―6ソフトバンク ( 2020年8月4日    楽天生命 )

8回2死一塁、浅村は逆転の右越え2ランを放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 楽天は5―6の8回に浅村の逆転2ランで試合をひっくり返し、勝利を飾った。

 3―6と3点リードされた7回、2死一、三塁からロメロの中前適時打で2点差に詰め寄る。8回2死二塁ではブラッシュの左前適時打で1点差とし、続く浅村がソフトバンク3番手のモイネロが投じた初球を右中間スタンドへ運ぶ14号2ランで逆転した。

 投げては4番手として登板した津留崎が8回1イニングを無安打2三振を奪って無失点に抑え、プロ初勝利をマークした。9回には5番手で登板したブセニッツが今季3セーブ目をマークし、試合を締めた。

 ソフトバンクは先発の千賀が6回115球を投げて6安打3失点で勝利投手の権利を持って降板。しかしリリーフ陣が崩れ、チームの連勝は2で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース