楽天・津留崎プロ初勝利「無失点を意識して投げた」 逆転2ランの浅村「感触は完璧」

[ 2020年8月4日 22:35 ]

パ・リーグ   楽天7―6ソフトバンク ( 2020年8月4日    楽天生命 )

お立ち台で浅村(右)と「バーン」する楽天・津留崎(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は5ー6の8回に浅村の逆転2ランで試合をひっくり返し、勝利を飾った。4番手として登板した津留崎が8回1イニングを無安打2奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利をマークした。

 津留崎は「前回情けないピッチングをしてしまい、今日はチームが負けている場面でした。なので、ここで踏ん張れば何とか逆転してくれると信じて無失点で帰ってくることを意識して投げていました」と自身の投球について振り返り、「結果的に無失点で帰ってきて、直後に浅村さんの一発で逆転できたので良かったと思います」と語った。

 プロ初勝利のウイニングボールは両親へプレゼントすることを明かし、最後に「これからも気を引き締めて腕を振っていきたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」と今後に向けて意気込んだ。

 リーグトップとなる逆転の14号2ランを放った浅村は「(鈴木)大地さんとブラッシュが2アウトから繋いでくれたチャンスだったので、何とか自分も後ろに繋げようと思っていました。打った感触は完璧でした」と振り返った。ファンの皆さんの声援のおかげで今日は勝つことができました。まだ終わりではないので明日からも応援をよろしくお願いします」とメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース