札幌大谷の2メートル左腕・阿部に9球団熱視線!今夏初先発で9K力投

[ 2020年8月4日 22:47 ]

令和2年夏季北海道高校野球南北海道大会1回戦   札幌大谷5―4函館大柏稜 ( 2020年8月4日    札幌円山 )

<札幌大谷・函館大柏稜>札幌大谷の阿部は声を上げながら力投
Photo By スポニチ

 身長2メートルの札幌大谷のエース左腕・阿部剣友(3年)が力を見せた。満を持しての今夏初先発。「チームに流れを持ってくるという意識で最初から全力でいった」と初回に3者連続三振を奪った。

 5回を終えて1安打無失点、9奪三振。バックネット裏のスカウトが持つスピードガンでは142キロを計測した。最近の練習で出した自己最速に並ぶ数字。身長はコロナ禍から練習再開した直後が1メートル99・5で、夏の大会に際して測り直すと2メートルあった。伸び続ける逸材をプロ9球団が視察し、オリックス・佐藤真一スカウトは「右打者の内角への球など人にないものを持っている」と評価した。

 6回に3四死球から3失点して竹嶋亮(3年)の救援を仰いだ。全球全力ゆえの疲れで制球を乱したが「改善できる。高さという持ち味をどんどん出したい」と先を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース