西武・高橋光 7四球で自滅6失点KO「5回を投げきることすら…本当に不甲斐ない」

[ 2020年8月4日 20:40 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2020年8月4日    札幌D )

<日・西>5回1死満塁、大田に押し出し四球で追加点を許した高橋光(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武先発・高橋光は四球がことごとく失点に絡んだ。

 初回には先頭・西川にいきなり四球。犠打で1死二塁とされた後、近藤に先制の左越え二塁打を許した。

 同点で迎えた3回には、2死から中田に四球。続く大田に勝ち越しの2ランを被弾した。

 5回は1死二塁から近藤、中田に四球を与えて満塁。続く大田に押し出し四球と、3連続四球を与えた時点で降板となった。

 結局、4回1/3を3安打7四球で6失点KO。高橋光は「5回を投げきることすらできませんでした。本当に不甲斐ないです」と唇を噛んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース