ソフトBで感染確認…NPB理事会でコロナ対策協議へ

[ 2020年8月4日 05:30 ]

 ソフトバンク・長谷川が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、開幕後に初めて選手から感染者が出たことを受け、プロ野球は今後に臨時のリーグ理事会と実行委員会を開き、今後の対策などを協議する予定だ。

 感染防止のガイドラインに沿って各球団が対策を徹底してきたが、日本野球機構の井原敦事務局長は「やはりこのウイルスは簡単には対応できない。非常にリスクがあると改めて強く認識した」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース