ソトだ佐野だ DeNA 3、4番連続適時打で6回貴重な追加点

[ 2020年8月4日 19:54 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2020年8月4日    横浜 )

<D・中>6回無死一、二塁、佐野(右から2人目)は中前適時打(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 DeNAが1―0の6回に3、4番の連続適時打が飛び出し、貴重な追加点を挙げた。

 先頭の梶谷の中前打、今季2度目の先発出場となった神里の左翼線二塁打で無死二、三塁の好機をつくると、続くソトの当たりは投手強襲の適時内野安打となった。

 さらに佐野が147キロのツーシームを中前へはじき返す適時打を放ち「前の打者の方がつないでくれたので、何としてもランナーを還そうと打席に入りました。三度目のチャンスで結果を残すことができよかったです」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース