西脇工・東田29イニング無失点 3戦連続完封「疲れがなかったので続投した」

[ 2020年8月4日 05:30 ]

兵庫大会3回戦   西脇工6―0社 ( 2020年8月3日 )

3試合連続完封の西脇工・東田
Photo By スポニチ

 西脇工の最速141キロ左腕の東田健臣(とうだ・けんしん)投手(3年)が9回6安打で3試合連続完封。初戦からの連続無失点を29イニングに伸ばした。

 「8回で代わるかと聞かれたけど、疲れがなかったので続投した」。三振は初戦の13、2回戦の15から、7と減ったが、この日最速140キロの直球を軸に三塁を踏ませなかった。

 兵庫大会は8強で打ち切られるが「チームを勝たせる投球で一番上を目指したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月4日のニュース