前橋育英エース・梶塚 終盤に力尽き逆転負けも今後に意欲「上のステージでリベンジしたい」

[ 2019年8月8日 17:00 ]

第101回全国高校野球選手権大会 1回戦   前橋育英5―7国学院久我山 ( 2019年8月8日    甲子園 )

<前橋育英・国学院久我山>初戦敗退に肩を落とす前橋育英ナイン(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 前橋育英(群馬)は5―7と国学院久我山(西東京)に逆転負け。3年連続の初戦突破とはならなかった。

 悪夢は終盤に訪れた。2点リードの7回、先発の梶塚(3年)は2死から5連打で逆転を許し打者9人による猛攻を浴びた。最終的には7回0/3、120球の熱投も7失点(自責6)。8回途中で悔しい降板となったエースは「マウンドに立ち続けたかったけど、力が及ばなかった。抑えようという気持ちが前に出過ぎてしまった」とこみあげるものを抑えながらも。途切れ途切れに話した。

 それでも、大学へ進学を希望する右腕は「自分の弱さを見つめ直して、上のステージでリベンジしたい」と甲子園での経験を胸に今後の活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース