旭川大高・能登、奥川と互角の9K好投も涙「絶対負けたくなかった」

[ 2019年8月8日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第2日1回戦   旭川大高0―1星稜 ( 2019年8月7日    甲子園 )

<旭川大高・星稜>星稜・奥川に負けない好投を見せた旭川大高・能登(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 旭川大高(北北海道)の能登が星稜(石川)・奥川に引けを取らない好投を見せた。チェンジアップ、スライダーの切れが良く、奪三振は同じ9個。「いい投手と言われている奥川君に絶対負けたくなかった」と振り返った。

 甲子園6度目の采配でも初勝利を逃した端場雅治監督は「スライダーがなかなか見極められなかった。流れを渡さない、いい投手」と脱帽していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース