楽天ハーマン不運の連続無失点ストップ「難しい判断だった」

[ 2019年8月8日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―4西武 ( 2019年8月7日    メットライフD )

 17試合連続無失点だった楽天・ハーマンが不運な形で決勝点を与えた。同点の7回に登板し、2死満塁で中村の打球は三塁線へのボテボテのゴロ。捕手の嶋は見送るよう指示したが「ファウルになるとは思わなかった。戻ってくるようなスピンで難しい判断だった」。

 ライン手前でボールを拾い上げるも内野安打。平石監督は「完全に打ち取った打球。かわいそうだけどジャッジミスでしたかね」と話した。チームは再び4位に後退した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース