東尾修氏、星稜・奥川を絶賛 左膝柔らかく使えれば球界背負う投手に

[ 2019年8月8日 07:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第2日1回戦   星稜1―0旭川大高 ( 2019年8月7日    甲子園 )

<旭川大高・星稜>「左膝」の使い方が課題と指摘された星稜・奥川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 星稜(石川)の奥川を見た時に感じたのは、骨格、体つきがしっかりしているという点。初回は全力に近い形で150キロを出し、先制点を奪ってからは制球重視の投球。変化球で腕が緩むこともない。佐々木朗希(大船渡)ではなく、奥川をドラフトで1位指名する球団は絶対にある。

 プロで1年目から活躍できる完成度はあるが、松坂(現中日)、田中(現ヤンキース)のように球界を背負える投手になるために、という観点で1点だけ指摘したい。「左膝」だ。右足一本で立ち、体重移動していく時に腰高で、左足に乗り切れていない。少し三塁方向に体が流れるため、スライダーは抜け、直球を右打者の外角低めにひっかく球があった。大会後で良いから左膝を柔らかく使って、左足に乗って投げる「意識」を持つだけで、もっと良くなる。

 今大会は勝つ投球に終始するだろう。将来に向けては、セットポジションでなく、大きく体を使う意識で、上半身と下半身のバランスを出すことができれば成長できる。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース