中日・柳、初の10勝目前で足踏み 6回3失点降板で4戦連続勝ち星なし 

[ 2019年8月8日 19:33 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2019年8月8日    ナゴヤD )

4回1死一塁、岡本(右)に右越え2ランホームランを打たれ、ガックリの柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・柳は4回に岡本に2ランを浴びるなど6回4安打3失点で降板。自身初の2桁10勝目はまたもお預けとなった。

 初回に1死三塁のピンチを迎えた柳だが、丸、岡本を打ち取って無失点。2回、3回は三者凡退に抑える上々の立ち上がりとなった。

 しかし4回1死から丸に四球を与えると、続く岡本に高めに浮いたカットボールを右翼ポール際に運ばれて失点。5回には1死二塁から亀井に左越え適時二塁打を許して追加点を献上した。

 打線の援護もなく、0―3の6回に代打を送られて降板。7月7日ヤクルト戦で9勝目を挙げてから、4試合連続で勝ち星から遠ざかっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース