阪神 連敗3でストップ 北條の決勝打&近本の9号2ランなどで4日ぶりの勝利

[ 2019年8月8日 21:24 ]

セ・リーグ   阪神5―3ヤクルト ( 2019年8月8日    神宮 )

<ヤ・神>9回無死一塁、近本(中央)は右越え2ランを放ちナインとハイタッチ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 阪神が連敗を3で止めた。

 2点を追う6回に原口、北條の適時打などで逆転に成功すると、9回には近本の9号2ランで突き放した。投げては先発・秋山が5回2失点の粘投で今季3勝目をゲット。5―2で迎えた9回に守護神・藤川が1点を失ったが、リードを守り切った。

 最下位・ヤクルトとの同一カード3連敗を阻止。3日の広島戦以来4日ぶりの勝利を掴み、借金を5に減らした。9日からは京セラドームで3位・広島と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース