西武・中田プロ12年目で初安打 通算12試合目「やっとヒットが出ました」

[ 2019年8月8日 21:12 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2019年8月8日    県営大宮 )

<西・楽>6回無死、中田が右前にプロ初安打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武の中田祥多捕手(29)がプロ12年目で初安打を放った。

 4―6の6回。先頭打者の中田は2ストライクから3球目の外角の127キロカーブを捉えて、右前打を放った。中田は「打ったのは、たぶんカットボールです。やっとヒットが出ました。正直嬉しいです。この後しっかりとリードしていきます」と笑顔をみせた。

 中田は、前日7日に今季初昇格。先発出場したが、3打数無安打に終わり、この試合前まで通算11試合に出場し15打数無安打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース