広島、完敗で一歩後退 緒方監督「浜口にいいピッチングをされた」

[ 2019年8月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0―4DeNA ( 2019年8月7日    マツダ )

8回2死一、二塁、鈴木(左)が凡退しガックリの緒方監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島は7日のDeNA戦で7月7日の阪神戦以来5度目の零敗を喫し、首位・巨人から2ゲーム差、2位・DeNAから1・5ゲーム差へ後退した。浜口に毎回11三振で6回零封され、今季は2戦2勝を献上する苦戦。チームとしての連続本塁打も球団2位タイの16試合で止まった。8日の第3戦こそ勝って、6カード連続の勝ち越しを決めたい。

 赤ヘルの勢いをもってしても攻略できないほどの難敵だった。浜口に毎回11三振で6回零封されるなど7月7日の阪神戦以来、今季5度目の零敗。緒方監督も「浜口投手にいいピッチングをされた」と完敗を認めた。

 浜口に対して走者を得点圏まで進めたのは3点劣勢で迎えた6回のみ。先頭の西川が中前打で出塁し、2死から鈴木が四球を選んで一、二塁。松山が見逃し三振に倒れた場面を指揮官は「中盤のところで1点取れれば…。6回に相手も苦しくなって、点が入れば流れが変わったところだった」と悔いた。

 浜口には散発4安打に抑えられ、苦手意識を植え付けられた。今季は2戦2勝を許し、計12回1/3を1得点で防御率0・73と分が悪い。昨季までは浜口から見て通算8試合で1勝4敗、防御率5・60。得意としたはずの左腕に大苦戦だ。1四球と抜群の制球力に東出打撃コーチは「あんなに低めに決まる浜口を初めて見た。四球が絡むとうちの攻撃になったけど…。今年は成績を残している投手だからね」と成長に驚いた。

 4安打は全て単打に終わり、チームとしての連続本塁打も球団2位タイの16試合でストップした。その間は14勝2敗だったように後半戦の快進撃は一発攻勢が支えてきた。くしくも記録が始まる前日の7月17日のDeNA戦も先発は浜口だった。DeNAとはまだ8試合を残し、再戦の可能性を考えれば対策は必須と言える。

 8回は小園、バティスタの悪送球が失点につながり、首位・巨人から2ゲーム差、2位・DeNAから1・5差へ後退した。上位との直接対決が混セを抜け出すカギとなるだけに、8日の第3戦に勝って6カード連続の勝ち越しを決めたいところ。指揮官は「切り替えて、明日頑張ります」と前を向いた。たった1試合の沈黙を引きずるようでは、王者にふさわしくない。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース