輝星わずか8球で危険球退場 8日に中継ぎ登板 結果次第で1軍も

[ 2019年8月8日 05:30 ]

初回2死、山野辺(右)に頭部死球を当てて、危険球退場となる日本ハム先発・吉田輝(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムドラフト1位の吉田輝がイースタン・リーグ西武戦(西武第2)に先発も8球で危険球で退場した。初回2死で144キロ直球が山野辺のヘルメットをかすめる死球。打者2人は簡単に抑えただけに「ボールは悪くなかった。いい立ち上がりだった」と悔やんだ。

 8日の同戦(鎌ケ谷)で中継ぎ登板する予定。吉村浩GMが「1軍先発の準備をするカテゴリーに入っている」と話すなど、結果を残せば1軍切符をつかむ可能性もある。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース