ロッテ・三木 抹消せず10日にもチームに再合流へ 死球受け第4手骨打撲

[ 2019年8月8日 16:07 ]

 ロッテの井口監督は7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で死球を受け、第4手骨打撲と診断された三木について、「(出場選手登録の)抹消はしないで、今日、明日で様子を見る」と明かした。早ければ10日の西武戦(ZOZOマリン)からチームに再合流する見込みとなった。

 6年目の三木は、負傷離脱した藤岡に代わって遊撃のポジションを中心にここまで67試合に出場。守備での貢献度は高く、レアードが本塁打後にパフォーマンスで握る「スシ」を食べる役を務めるなど、チームのムードメーカー役も務めている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース