霞ケ浦・鈴木寛、3回途中7失点「勝ちたい気持ちばかりが前に…」

[ 2019年8月8日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第2日1回戦   霞ヶ浦6-11履正社 ( 2019年8月7日    甲子園 )

<霞ケ浦・履正社>甲子園の土を拾う鈴木寛(左)ら霞ケ浦ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 悲願の聖地初勝利はならなかった。霞ケ浦(茨城)のプロ注目・鈴木寛は初回いきなり1イニング2被弾。自己最速タイの148キロを計測するなど調子は悪くなく、「勝ちたい気持ちばかりが前に出て、フォームが前のめりになっていた。簡単にカウントを取りにいってしまった」と反省した。

 悪い流れは止められず、3回にも野上の2ランを浴びて2回1/3を7安打7失点で降板。打線は6回に天野の2点三塁打などで一時は4点差まで迫っただけに、「自分が抑えていれば勝てたかもしれない」と涙を流した。

 1メートル86の大型右腕。進路については「プロに行きたいと思っている。(志望届の提出は)これから考えたい」と話し、「反省を生かして上の舞台でリベンジしたい」と誓った。 (武田 勇美)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース