ロメロ&モヤ2者連発!助っ人アベック弾で初先発の張援護 ロメロは来日3年連続2桁弾到達 

[ 2019年8月8日 19:15 ]

パ・リーグ   オリックスー日本ハム ( 2019年8月8日    旭川 )

オリックスの先発投手・張奕(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのロメロ、モヤの助っ人コンビが8日、日本ハム戦で2者連続本塁打を記録。プロ初先発の張を援護した。

 1-0の4回、この回先頭のロメロが日本ハム先発・村田の3球目を左翼席へ。来日3年連続2桁本塁打となる10号ソロを放り込んだ。続く5番・モヤがカウント2ストライクと追い込まれた4球目を捉え、バックスクリーンへ。大きな放射物を描く5号ソロで3-0とリードを広げた。

 この日の先発は台湾出身のオリックス張奕(チョウ・ヤク)。16年育成ドラフト1位で、外野手として入団したが、昨季途中から投手に転向。今年5月に支配下登録を勝ち取った。1軍では中継ぎとして2試合に登板。その後は2軍に降格し、7月から先発に転向した。

 巨人・陽岱鋼のいとことして注目を集めた3年目右腕に史上初の育成野手出身初先発初白星をつけるため、助っ人コンビが貴重な援護点をもたらした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月8日のニュース