DeNA・宮崎 左手骨折だった!9日に手術、シーズン中の復帰は絶望的

[ 2019年8月8日 21:36 ]

<広・D>6回2死一塁、痛みを訴える宮崎(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 7日の広島戦の打席でスイングの際に負傷したDeNA・宮崎敏郎内野手が8日、横浜市内の病院で検査を受け「左有鉤(ゆうこう)骨骨折」と診断された。9日に左有鉤(ゆうこう)骨摘出術を受ける。シーズン中の復帰は絶望的な状況となった。

 今季103試合に出場して打率・279、13本塁打、44打点。ラミレス監督は「残念な結果。早く治って帰ってきてもらうのが一番いいが、どれくらいかかるか分からない。治って万全な状態になったときに、シーズンが終わっていなければベスト」と表情を曇らせた。

 伊藤光が7月31日に左薬指はく離骨折で出場選手登録を外れ、8月4日にはパットンが右第5中手手根関節脱臼骨折で離脱したばかり。首位を争うチームの中で、今度は正三塁手が長期離脱を余儀なくされた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース