日本ハム・清宮3号!1カ月半ぶり通算10号 雨天の旭川に豪快一発「ちゃんと考えながら打席に入れてる」

[ 2019年8月8日 20:02 ]

パ・リーグ   日本ハムーオリックス ( 2019年8月8日    旭川 )

6回無死、本塁打を放った清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が8日のオリックス戦で6月20日DeNA戦以来1カ月ぶりとなる3号ソロ本塁打を放った。

 清宮は「8番・一塁」で先発出場。0-3の6回無死走者なし、ここまで1安打に封じられていたオリックス先発・張の2球目を左中間スタンドへ放り込み、1点を返した。

 清宮は「先頭で塁に出れば上位打線に繋がるので出塁することだけを考えてました。前の打席も1ボールから真っすぐを良い感じで捉えられていたので、ちゃんと考えながら打席に入れてると思います」とコメント。前日7日の同戦で8打席ぶりの安打を記録。復調の兆しを見せていた。

 今季初の地方球場開催。試合開始から雨が降りしきる中、見守る旭川ファンの前で反撃ののろしを上げた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月8日のニュース